ネキシウムの副作用、まれに起きる頭痛やめまい

2019年8月27日

ネキシウムは従来のプロトンポンプ阻害薬と比べて副作用は少ない

ネキシウム副作用イメージ01

まれに起こる副作用に頭痛、めまいなどの症状があります。

ネキシウムは、従来のプロトンポンプ阻害薬と比べて副作用が少なくなっています。

まれに起こる副作用として、頭痛、めまい、軟便、下痢などの症状があります。
人によっては肝機能値に異常があらわれることがあります。

いずれも症状としては軽度の副作用ですが、ピロリ菌の除菌治療でひどい下痢が長く続く場合は医師に相談してください。

ネキシウムの注意点について

重い副作用

ネキシウムの副作用イメージ01

めったにありませんが、重い副作用には注意してください。

ネキシウムの副作用は少なく、重大な症状はめったに見られませんが、以下の副作用がごくまれに起こる可能性があります。

  • アナフィラキシー・ショック(頻度不明)
  • 汎血球減少症、無顆粒球症(いずれも頻度不明)、血小板減少(1%未満)
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全(いずれも頻度不明)
  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(いずれも頻度不明)
  • 間質性肺炎(頻度不明)
  • 低ナトリウム血症(頻度不明)
  • 錯乱状態(頻度不明)

ネキシウムの患者向けガイドに記載されている、重篤な副作用の主な症状は以下の通りです。

重大な副作用主な自覚症状
ショック冷や汗が出る、めまい、顔面蒼白(そうはく)、
手足が冷たくなる、意識の消失
アナフィラキシー全身のかゆみ、じんま疹、喉のかゆみ、ふらつき、動悸(どうき)、息苦しい
汎血球減少症(はんけっきゅうげんしょうしょう)めまい、鼻血、耳鳴り、歯ぐきの出血、息切れ、動悸、あおあざができる、出血しやすい、発熱、寒気、喉の痛み
無顆粒球症(むかりゅうきゅうしょう)突然の高熱、寒気、喉の痛み
溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)体がだるい、めまい、息切れ、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿の色が濃くなる
血小板減少(けっしょうばんげんしょう)鼻血、歯ぐきの出血、あおあざができる、出血
が止まりにくい
劇症肝炎(げきしょうかんえん)急な意識の低下、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、体がかゆくなる、尿の色が濃くなる、お腹が張る、急激に体重が増える、血を吐く、便に血が混じる(鮮紅色~暗赤色または黒
色)
肝機能障害(かんきのうしょうがい)疲れやすい、体がだるい、力が入らない、吐き気、食欲不振
黄疸(おうだん)白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿の色
が濃くなる、体がかゆくなる
肝不全(かんふぜん)意識の低下、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、体がかゆくなる、尿の色が濃くなる、お腹が張る、急激に体重が増える、血を吐く、便に血が混じる(鮮紅色~暗赤色または黒色)

引用元:ネキシウム患者向け医薬品ガイド(PDFダウンロード)

万が一、これらの症状が見られた場合は、服用を中止して医療機関を受診してください。

類薬での重い副作用

ネキシウム副作用イメージ04

従来のプロトンポンプ阻害薬オメプラゾールの副作用。

ネキシウムの類薬であるオメプラゾールで、以下の副作用が報告されております。いずれもまれな症状ですが、異変を感じた場合は医師に相談してください。

  • 溶血性貧血
  • 視力障害
  • 急性腎不全
  • 横紋筋融解症

急性腎不全のおそれがある場合は腎機能検査値(BUN、クレアチニン等)に注意して下さい。
横紋筋融解症は以下の症状が特徴です。

  • 筋肉痛
  • 脱力感
  • CK(CPK)上昇
  • 血中および尿中ミオグロビン上昇

その他の副作用

上記以外では、以下の副作用がまれに起こります。

過敏症
[1%未満]
発疹、皮膚炎、そう痒症、じんましん
[頻度不明]
光線過敏、多形紅斑

消化器
[1%未満]
腹痛、下痢、嘔吐、便秘、口内炎、カンジダ症、口の渇き
[頻度不明]
鼓腸、悪心、顕微鏡的大腸炎(collagenouscolitis lymphocyticcolitis)

肝臓
[1~5%未満]
肝酵素上昇

血液[1%未満]
白血球数減少

精神神経系
[1%未満]
頭痛、錯感覚、傾眠、浮動性めまい
[頻度不明]
不眠症、うつ病その他
[1%未満]
CK(CPK)上昇、回転性めまい、女性化乳房、味覚障害[頻度不明]
脱毛症、関節痛、筋痛、霧視、倦怠感、多汗症、筋力低下、低マグネシウム血症、末梢性浮腫

ピロリ菌の除菌補助における副作用

ネキシウム副作用イメージ05

ヘリコバクター・ピロリの除菌補助としてネキシウムを服用した際に、以下の副作用が起こる可能性があります。

過敏症
[1~5%未満]
発疹

消化器
[5%以上]
下痢・軟便(19.9%)、味覚異常(7.8% )
[1~5%未満]
口内炎、腹痛、食道炎、腹部膨満感
[頻度不明]
便秘、舌炎、悪心、口渇、十二指腸炎

肝臓
[1%未満]
肝機能異常、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、ビリルビン上昇、LDH上昇

血液
[1%未満]
好酸球数増多、血小板数減少、貧血、白血球数増多、白血球分画異常

精神神経系
[1%未満]
頭痛、しびれ感、めまい、睡眠障害

その他
[1%未満]
尿蛋白陽性、尿酸上昇、総コレステロール上昇、QT延長、発熱、倦怠感、カンジダ症、尿糖陽性、動悸、霧視

以上はあくまで臨床試験で報告されている例を全て上げたものです。全体的な比率として、副作用が報告された例は11.5%です。

ネキシウムを通販で購入する

ネキシウムは胃酸の過激な分泌を抑えることによって胃酸過多を改善する薬です。

逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍などが原因で起こる胃腸の不快感に対して治療効果が高く、即効性があります。

個人差がなく誰にでも効くのが特徴です。

個人輸入代行サービス「医薬品アットデパート」ではアストラゼネカ社が販売している正規品を購入できます。
購入の流れ(新しいタブで画像が開きます)

ネキシウムのパッケージ画像

[PR]
【正規品】ネキシウム

個人輸入を行えば、処方箋不要でネキシウムを通販購入できます。
※薬の個人輸入は定められた範囲内(用量として1ヶ月分以内)であれば、厚生労働省より認可されています。

当サイトでは個人輸入代行サービス「医薬品アットデパート」のネキシウムをおすすめしています。
購入は通常の通販サイトと同様に決済を行えば、輸入に必要な手続きを全て代行サービスが行います。

詳しくは下のボタンより医薬品アットデパート(外部サイト)のネキシウム販売ページでご確認ください。

ネキシウムの通販はコチラから

通販および個人輸入に関して詳しくはこちらをご覧ください。

ネキシウム

Posted by vsb1974